プロ馬券師になりたい。

しょうらいのゆめはぷろばけんしです。※本気で競馬で勝つことを考えるためのブログです。

雑記(競馬)

予想が下手でも馬券術で競馬は勝てる。分からなくても当たる。

自分で予想なんかしなくても、馬券術に使う予想はそこら中に転がっている。 なので馬券術さえあれば、予想力がなくても競馬は勝てる。これが僕の考え。

即PATにはないA-PATのメリット。ネットで複コロならA-PAT。

つまりこれって、複コロにめちゃめちゃ向いている仕組みなんですよ。 ぶっちゃけ複コロをネット購入でやりたいって人以外は、A-PATは必要ないかもしれない。 それくらい、A-PATは複コロ向きのサービスだ。

競馬の「的中率より回収率」はセオリーなんかじゃない。

競馬をしている人なら誰もが聞いたことがあるであろう「的中率より回収率」という馬券のセオリー。 僕はこのセオリーは、間違っていると思っている。 いや正しく言えば、ある側面で見れば確かに重要だけど、ある側面から見れば全く必要ではないと、考えてい…

レース厳選は無駄。自信度なんて幻想に過ぎない。

だけどその自信度は、確立された予想の上では無意味な存在であり、幻想だ。 確立された予想で、いつも通りの手順を踏んで導き出された予想結果は、自信度に関係なく当たるときは当たり、外れるときは外れる。 これが極々当然の事実であり、僕はそれにようや…

【2018年】各馬券種の平均配当を頭数と芝・ダート別に調べてみた

今回は2018年に行われた中央競馬のレースの馬券種ごとの平均配当を、頭数と芝・ダート別に調べてみた。 なぜ調べたかというと、例えば3連複を買うときの話。1点100円で買うとして、何点まで買うのがガミリにくい買い方なんだろう。何点買うのが丁度いい買い…

【2018菊花賞】レースレベルを下げた大戦犯は田辺だよね・・・。

勝ったのは関東馬のフィエールマンだ。菊花賞は関東馬は来ないというデータを持ち上げる人が多かったように感じたが、それをあざ笑うような1着。 過去10年で馬券に絡んだ関東馬はゴールドアクターのみで、関東馬の勝利はマンハッタンカフェ以来17年ぶりだっ…

マンハッタンカフェ産駒は菊花賞が苦手なのか?

「マンハッタンカフェ産駒は菊花賞が苦手」というものだ。実際にマンハッタンカフェ産駒の菊花賞成績は(0.0.0.14)なのだ。 勝ち馬どころか、馬券に絡んだことすらないという衝撃的な、絶望的なデータである。ショックを受けた。マンハッタンカフェ自身は菊花…

今年の菊花賞馬はメイショウテッコンに決まりだろ!

メイショウテッコン。メイショウテッコンだ。覚えにくい名前だけど、覚えてしまえば愛着が湧いてくる名前だ。 この馬は、重賞勝ち馬だから名前は知っているとは思う。ラジオNIKKEI賞の勝ち馬である。覚えておきましょう。 最重量ハンデの馬は勝てないと言わ…

【サイレンススズカ】沈黙の日曜日から20年 生涯を振り返る【2万字】

サイレンススズカは、ただ気分良く走っていただけ。それが、他の馬基準で考えるとハイペースの走りになっていたというだけだ。自分のペースで走らせてもらえるようになってから、サイレンススズカの才能が発揮できるようになった。 サイレンススズカは、ハイ…

初投稿!馬券の勝ちパターンや馬券術・予想術を書いてくブログだよ

俺は真剣にプロ馬券師になりたい。将来の夢はプロ馬券師っていう子供がたくさんいるような世界だっていいじゃないか。 最近ではユーチューバーがなりたい職業ランキングの上位にランクインしてるんだろ?プロ馬券師という職業だって、子供の憧れになっていい…