プロ馬券師になりたい。

しょうらいのゆめはぷろばけんしです。※本気で競馬で勝つことを考えるためのブログです。

【2018菊花賞】レースレベルを下げた大戦犯は田辺だよね・・・。

この記事は以前の記事の書き直しです。書き直していて、愚痴をぶちまけた記事だなあと感じましたが、2018年の菊花賞がそのような内容であったことが再確認できると思います。

平成最後の菊花賞を振り返る

モケです。

今日は菊花賞を振り返る。とともに、愚痴を吐き出したい。本日2018年10月21日(日)に、平成最後の菊花賞が執り行われた。

皐月賞をあの特殊なレース展開(先行した3頭はハイペースで、第2集団はスローペース)に持ち込んだ一因の馬であるアイトーンや、自身のペースで先行することで力を出せるジェネラーレウーノや、過去にOPをハイペースで逃げ切ったことがあるメイショウテッコンがいるなど、レースがある程度流れて各馬の力が最大限まで引き出されるような面白いレースを期待できるメンバー構成だった。

が、終わってみればレース後の感想は「は?つまんな。」だった。

まあしかし、つまらないで終わらせてしまうのもまたつまらないので、今回はレースをじっくり振り返って考察をしてみたい。

騎手批判が含まれているので、そういうものを見たくない人は注意。愚痴をあんまり見たくないって人は、スクロールしていって「しっかりと考察していこう」って項目から読んでもいいですよ。

もちろん、愚痴と言っても考察を絡めつつ書くけどね。

期待していた先行馬は・・・

レースを面白くしてくれるだろうと期待していた先行馬たちのレース内容についてまず軽く。でもこれはレースを観た方が早いかな。

レースは好スタートから田辺騎手騎乗のジェネラーレウーノが逃げる展開。前走出遅れてしまったエポカドーロが今回はしっかりとスタートを決めて、ジェネラーレウーノの真後ろという好位。

皐月賞でハイペース逃げを見せたアイトーンはスタートから押して行くも、ジェネラーレウーノが好スタート好ダッシュから内を締めたことで逃げることが出来なかった。

メイショウテッコンはスタートがやや遅れる。すぐに先行グループまで盛り返すも、囲まれて動けない最悪の位置に。

これらが、今回のレースを期待させてくれた先行馬たちのスタート後の動き。

差し馬がどこにいたのかなんてのは、正直どうでもいい。あ、エタリオウが道中上がって行ったのは流石ミルコって思ったけどね。

注目したいのはレースラップ

12.8-11.9-12.5-12.9-12.6-12.4-13.3-13.0-12.8-12.7-12.8-12.2-12.2-10.7-11.3

これが、JRA発表の今回の菊花賞のレースラップだ。1000m通過が1.02.7で、2000m通過が2.06.9で、ゴールタイムが3.06.1だ。

まあ、見て分かる通りのどスロー。このラップを刻んだのはもちろん逃げたジェネラーレウーノ、田辺騎手。

ちなみに過去10年の1000m通過タイム、2000m通過タイム、ゴールタイムと馬場状態は以下の通り。

2017不 1.04.1 2.12.9 3.18.9
2016良 0.59.9 2.04.4 3.03.3
2015良 1.00.2 2.04.6 3.03.9
2014良 1.00.9 2.02.2 3.01.0
2013不 1.01.2 2.04.2 3.05.2
2012良 1.00.9 2.02.1 3.02.9
2011良 1.00.6 2.02.7 3.02.8
2010良 1.01.0 2.05.5 3.06.1
2009良 0.59.9 2.03.1 3.03.5
2008良 0.58.8 2.05.5 3.05.7

今年の菊花賞は2010年と同じゴールタイムだが、2010年は良馬場発表ではあるものの小雨が降っていた中でのレースだった。今回は晴れの良馬場。そんな中で2000m通過タイムの2.06.9は、歴史的な不良馬場だった去年を除けばダントツに遅い時計だ。

スローになりやすい菊花賞ではあるが、今年のレースがいかにどスローだったかが分かる。

スローに落ち着けば先行馬が有利になりやすいと思っていたけど、ここまでスローで中間ラップが緩むと先頭から後方までの馬群が凝縮して、差しが決まっちゃうんだね。

実際今回のレースは先行馬が残れずに、差し馬が台頭した。

ジョッキーの愚痴を言いたい

さて、愚痴を言わせていただこう。悪口を言おう。ブログだから許してね。

大戦犯 田辺

大戦犯はお前だぞ。田辺さん。あの逃げ、一体何がしたかったのだろう。

好スタートからやや押して内を締めたことから、レースの組み立てとして最初から逃げることは決めていたのだろう。

ただ、逃げるだけでなく田辺騎手はどスローに持ち込んだ。スローに持ち込むという行為自体は先行有利にするために普通によく見る光景。

でもジェネラーレウーノでそれをやっちゃダメでしょうよ。これまで継続騎乗してきて、この馬の性質は分かってたんじゃないの?

競馬ファンの中には、レース成績や枠順が菊花賞前のキタサンブラックにそっくりだということから、この馬はキタサンブラックの再来だなんて言っている人もいたけど、まさかそれを真に受けちゃったの?

いやしかし、キタサンの逃げには程遠い。こんな逃げでキタサンの話を出してしまったらキタサンブラックに申し訳ないよ。

ジェネラーレウーノは過去のレース映像を観れば分かるように、スローで溜めて逃げるよりも多少早かろうともマイペースで走った方が力を出せる馬。直線の瞬発力勝負では、まあ無理な馬だよね。

そんな馬でスロー逃げって・・・。この馬に乗って重賞勝ってきたわけでしょあんた・・・。

百歩譲って、距離不安でマイペースよりもスロー逃げを選んだということにしよう。百歩譲ってな。

もしそうだとしても、4コーナーギリギリまで後ろを引き付けるのは流石に意味が分かりません。ギリギリまで引き付けて溜めて切れる脚がこの馬にあるとでも思ったの?アホなの?

スロー展開に持ち込むことが万が一正しかったとしても、4コーナー辺りまででスパートをかけて後ろを突き放さなかったのは全く理解できない。

更に言わせてもらえば、ジェネラーレウーノは単騎逃げの形になるとソラを使う馬らしいね。そんな馬で好スタートからそのまま逃げようとしたのがそもそも分からない。行きたい馬が多かったんだから、ほかの馬に行かせた方がジェネラーレウーノにとっては良かったでしょう。

おそらく、田辺騎手は体内時計がてんでダメなんだと思う。これはこのレースに限らず。どスローの展開のなか最後方で手応え抜群の馬を無理やり抑えていたりね。田辺騎手が体内時計が全くダメってことは覚えておきたい。

以上が、田辺騎手への悪口。吐き出させてもらった。次は別の騎手の悪口を吐き出したい。

何しにきたの?国分恭介

まじで、何しにきたんだろ。

皐月賞でハイペース逃げを見せたアイトーン。この馬は前走の札幌記念で、あのマルターズアポジーに押して押して競りに行くような、つまりは逃げなきゃ力が出せないという馬。

ちなみにマルターズアポジーは、過去に逃げなかったレースは1つもない。そんな馬に競りに行くくらいだから、陣営もこの馬は逃げが必須と分かっているはずだ。

そんな馬が、6,7番手あたりを走ってる。国分騎手、何しにきたの?1周目の4コーナーでかかりまくってるじゃんアイトーン。

この馬がスタート直後に逃げを打てなかったのは、すぐ外にいたジェネラーレウーノが好スタートから内を締めてきたから、仕方がない。それは分かる。

けど、この馬逃げなきゃダメじゃん。強引にでもさ。ジェネラーレウーノが刻んだラップはかなりのどスローだよ。

1周目の4コーナー後からでも押し上げて良かったんじゃないの?もうスタート後逃げられなかった時点で諦めちゃったの?

意味が分かりませんよ。何しにきたんですか?

以上が、国分恭介騎手への悪口。吐き出させてもらった。騎手の悪口は次が最後。もう一個だけすみません。

上手いと思っていたのですが 松山

よくもあそこまでメイショウテッコンの長所を殺してくれたな。

菊花賞はメイショウテッコンだという記事を2つも書いたように、俺は5月の京都新聞杯・白百合Sの時点で今年の菊花賞はメイショウテッコンに決めていた。

この馬は、スタートは速くはないものの道中のスピードが速く、さらにそのスピードを持続させる能力が高い。

今回、大逃げをしてしまっても良いくらいだと考えていた。とにかく4コーナーで後ろの集団を離していなければ、この馬はお話にならないという感じだった。

それが今回、スタートで遅れてしまってスッポリと他馬に囲まれてしまった。この馬もかかっていたね。

1周目の4コーナーを回ってきたところで、終わったと思った。それくらい致命的なスタートだった。

が、それにしても、本当にただ馬が出遅れたせいで力を出せなかったんですかね。パトロールビデオでは素人目にはスタート直後もっと押して行っていれば、前に出せたんじゃないかというスペースが見えるのですけどね。

まあでもこれは俺は騎手じゃないからね。騎手にしか分からないことなのかもしれない。

それでも、この馬の良さを全く引き出すことができなかったレース内容には心底がっかりした。松山騎手は上手いと思っているのにな。

騎手の悪口というより、本命馬が全く力を出せずに沈んでいった愚痴だね。

この馬はメイショウの松本オーナーの馬で、武豊はJRA通算4000勝目がこの松本オーナーの馬だったくらい繋がりの深い馬主。しかも武豊はメイショウテッコンに騎乗経験がある。

もしかしたら今回武豊に乗り替わってしまうんじゃないかと思っていたから、今回の松山騎手の継続騎乗は嬉しかったんだけどね。

乗り替わってくれた方が良かっただなんて思わせる騎乗は、して欲しくなかった。次走乗り替わりになっても文句は言えないと思う。(追記:次走の日経新春杯は本当に武豊騎手に乗り替わりになりました。)

以上が松山騎手への悪口。吐き出させてもらった。

マンハッタンカフェ産駒は菊花賞が苦手?

ちなみに今回のメイショウテッコンの着外によって、マンハッタンカフェ産駒の菊花賞成績は(0.0.0.15)になった。

以前の記事でマンハッタンカフェ産駒は過去菊花賞において平均人気と平均着順がほとんど同じで、しかも最重要ステップレースである神戸新聞杯で馬券に絡んだことがあるのはイコピコの1頭のみだから、別に菊花賞が苦手というわけではないと書いた。

本命馬のメイショウテッコンの菊花賞はもう終わったわけだから、別にそのデータはどうでもよくなったのだが、一言。

今回のレース結果を見て「やっぱりマンハッタンカフェ産駒は菊花賞ダメだな。」と考えるのには流石に違和感を覚える。

どう見てもメイショウテッコンは自身の能力を出せていない。他馬に囲まれて動くに動けない位置にいたからね。しかもあんな展開で来れる馬ではないのは過去のレースを観ても明らかだ。

今回のレース結果を見ても、俺はやはりマンハッタンカフェ産駒は別に菊花賞が苦手というわけではないと思う。

さらにちなみに、これは愚痴になるが、パドックでのテンションの高さでメイショウテッコンを消したと言う人もいたが、それは偶然上手くいっただけだ。メイショウテッコンは好走時もあんなテンションだよ。少しは縦の比較をしよう。

さらにさらにちなみに、メイショウテッコンは距離が長くて負けたと言っている人もいたが、流石にそれは違うでしょう。今回はマイラーにチャンスがあるようなレースだったわけで、距離が長い云々を言うのはどうかと。

俺メイショウテッコン好きすぎか。活躍してくれなかったら今後かなり馬券で損しそう・・・。

しっかりと考察していこう

なんだか愚痴が多くなってしまったから、今更だがしっかりと考察していきたい。まあ愚痴を言いながらもいくつかの考察はしてたつもりだけど。

勝ち馬は関東馬フィエールマン

勝ったのは関東馬のフィエールマンだ。菊花賞は関東馬は来ないというデータを持ち上げる人が多かったように感じたが、それをあざ笑うような1着。

過去10年で馬券に絡んだ関東馬はゴールドアクターのみで、関東馬の勝利はマンハッタンカフェ以来17年ぶりだったらしい。

データブレイカーですね。なんかもう、美浦とか栗東とか厩舎よりも、ノーザンファーム生産馬ってことの方が強いのかね。

しかもこのフィエールマンはラジオNIKKEI賞以来の3ヶ月半ぶりのレースだった。そんなローテで3000mの菊花賞を勝っちゃうって、もう、ね。

美浦も、栗東も、調教師も、馬主も、レース間隔も、ノーザンファームには勝てませんってね。

特に調教師なんてのはもうあってないようなものなのかもね。預けられる馬の素質に差はあるだろうけど、実質調教をするのはノーザンの施設ってことかね。

フィエールマンだけじゃなく、今回の3着以内馬は全てノーザンファーム生産馬。なんだかもうよく分からないね。

スローペースで直線勝負に

ジェネラーレウーノに乗った田辺騎手が下手なスローに持ち込んだことで、レースは4コーナーを回ってからの直線勝負になった。

スローでしかも道中が緩むペースで、馬群が凝縮して差しが届きやすい展開に。ジェネラーレウーノが坂の下りで後ろを離すロングスパートにしていれば、また少しは変わったのかね。

どスローの特殊な展開になったことで、なんとこの3000mという舞台で上がり33秒台を出した馬が5頭もいた。まさに、マイラーでも足りるレース。前半はお散歩かよってね。

田辺騎手への悪口を差し引いたとしても、到底上手いとは言えない逃げだった。

ジェネラーレウーノとエタリオウの馬主が同じということで、ジェネラーレウーノをラビットにしてエタリオウを勝たせようとしたのではないかと言う声もちらほらと聞こえた。

真実は俺みたいな単なる競馬好きにはさっぱり分からない。ただ、ラビットと言われても仕方がないくらいの酷い逃げだったことは確かだ。スローで中間ラップも緩めて馬群を縮めつつ、4コーナーまでの仕掛けを遅くしたことで結果的に先行馬を潰した。

ラビットなら普通はハイペースに持ち込みそうなものだが、今回はハイペースを好む先行馬がいたり、エタリオウが集中力が続かない馬だったり、そういう意味では結果的にはラビットの役割を果たしたとも言える。

まあ、真実は本当に分からない。俺は、ラビットの有無に関しては別にどちらとも思わない。結果的にそうだったねというだけの話。

もしラビットではなかったとすると、田辺騎手の単なる下手逃げがそういう意見を生み出していると考えると笑える。

田辺騎手は東京中山では上手いと思える騎乗もしてくれるんだけどねぇ。

上がりがかかる馬場

これはほんのり田辺騎手への擁護にもなるが、菊花賞当日の京都競馬場は良馬場とは言えども、いわゆるパンパンの良馬場ではなかった。

週中はほとんど雨が降らなかったが、おそらくJRAが結構な量の水撒きをしたのだろうね。良馬場の京都にしては上がりがかかるレースが多かった。

それこそ、この日の京都の芝レースは上がりが最速でも34秒台というレースばかりだった。そのことがより一層と、菊花賞の上がり33秒台が5頭もいたという異質さを物語っている。

このような少し難しい馬場だったから、上手く逃げるのも難しかったのかもね。

長距離・大舞台は騎手が重要

もう、今年の菊花賞の教訓はこれでしょ。騎手大事。レースを観てそう思った人もきっと多いはず。騎手はどのレースにも限らず重要ではあるけど、長距離・大舞台では特に重要だね。

今日の菊花賞3着以内馬の鞍上はルメール・デムーロ・武豊。何かの標語かな?

この記事の前半に騎手への愚痴を吐かせてもらったように、今回は騎手の差が非常に分かりやすいレースだった。

5着馬まで広げて見てみても、4着池添騎手で5着福永騎手。騎手って本当に大事・・・。

先日NHKに福永騎手が出ていた際に、「レースは4コーナーまででほとんど決まっている。」という発言をしていたけど、その通りなんだなと思った。

予想では騎手を単純にランク付けするのではなく、騎手のコースごとやクラスごとの成績を調べて、得意不得意を判断して買うのが良さそうだね。

次走以降に注目したい馬

強い馬が勝つと言われる菊花賞。ただ今回のどスロー中間緩み展開というマイラーにチャンスがあったレースに限っては、そんなことがないような気も。

それでも、菊花賞で活躍した馬がその後活躍することが多いということは事実。今回の菊花賞で気になった馬はしっかりとメモしておきたい。

メイショウテッコン

すみませんとにかくこれをまず挙げさせてください。全く能力を出せていない。

あと、今回思ったのはやっぱりこの馬のスタートは微妙。スタートが多少遅くても逃げ先行できるような、スタートしてからの直線が長いコースの方が良いと思う。

正直菊花賞前は有馬記念に出てきても楽しみだと思っていたけど、今回の結果を見て有馬に参戦するとはどうにも思えず、なんとも。

今回の凡走で能力がなかったなんて勿論思わないから、次走以降しっかりと立て直してほしい。

京都は合っているから、今日の負けで苦手という判断はいらないね。

ジェネラーレウーノ

この馬に関しては騎手の悪口をいっぱい書いたけど、中山での強さはやっぱり相当。今日みたいなスローの瞬発力勝負は無理だから、今日の負けは気にしなくていい。

まあ人気は落ちないでしょうけど。

フィエールマン

この馬の現時点での評価は、長距離馬ではないというもの。いずれこの評価で痛い目を見ることになりそうな気もするが、今回のレースは何度も言うようにマイラーにチャンスがあるようなレースだった。

直線でのエタリオウとの叩き合いには痺れた。調教の走りから、その走り方の格好良さは際立っていたね。

まあキャリア3戦が物語っているように、レース選びは難しい馬なんだろう。次走も疑いたくなるようなレース間隔になるかもしれない。

レース間隔のせいで人気落ちしたら美味しいね。・・・無理か。

エポカドーロ

戸崎騎手への愚痴は書かなかったが、もっと積極的な騎乗をして欲しかった。

逃げたジェネラーレウーノの真後ろに付けていたわけで、ジェネラーレウーノがあんなペースで走ったらそりゃこの馬も自分で抜け出さない限りは無理でしょというお話。

前走の神戸新聞杯4着、今回の菊花賞8着で人気落ちろ〜って祈っておく。

戸崎騎手はレース後コメントで距離の話をしていたけど、今日のレース内容で距離は理由にできません。結局、この馬の距離適性がいまいち分からないままクラシックが終わっちゃったね。

まだまだ強いよこの馬は。

タイムフライヤー

しれっと6着に入ったG1馬。ここでは完全に終わっていると思った人も多かっただろうけど、長距離が良かったのかね。

3000mほど長距離でなくても、上がりがかかるようなレースではまだこの馬は好走する。レース次第にはなるけどそんなに人気もなさそうだし、結構楽しみ。長距離か、上がりがかかるレース。

ハーツクライ産駒で2歳G1を勝つだけの早熟ってのも考えづらいからね、そもそも。

その他

エタリオウは言うまでもなく強い。ステイゴールドの跡を継ぐ最強のシルバーコレクターになって欲しいという世間の声が、うっすらと聞こえてきますね。

ユーキャンスマイルは、フロックじゃないでしょ。レース次第だけどこれからも買いたい馬だよね。

ブラストワンピースは、悔しいままクラシックが終わってしまった。俺はこの馬のダービーは完全にジョッキーが原因で負けたと思っている。それくらい強い馬。大竹厩舎でG1は何かと不安視されるけど、ノーザンファーム生産馬だしいけるいける。

なんと言うか、今回のレースは力を出せていない馬が多いと思うんだよね。このレースを参考にするときは、しっかりと観直してからの方が良いと思う。

終わりに

前半の愚痴部分が思っていたよりも長くなってしまって、記事も随分と長くなってしまった。まあ俺は愚痴を吐き出せてスッキリ。

菊花賞は京都競馬場現地にいたのだけど、レース直前の盛り上がりとは正反対のガッカリしたレースだった。

もし俺に凄まじい予想力があれば、あのどスロー中緩み展開を予想できたのだろうか。と言う疑問を今持っている。

今回の菊花賞スローペースを予想できた人っているのだろうか。俺には無理でしたねぇ・・・。

まだしばらくの間は今回の菊花賞のレース映像を観直したいと思っている。何か面白いことに気が付いたらまた記事にしたい。

そういや、現地で上の階から馬券とかマークシートがヒラヒラ落ちてくるのを何度か見たけど、あれ絶対ダメでしょう。口悪いヤジよりもダメだと思う。中山東京のG1ファンファーレのオイオイよりもダメだと思う。コースに入っちゃったらどうすんのよ。

それでは。おしまい。