プロ馬券師になりたい。

しょうらいのゆめはぷろばけんしです。※本気で競馬で勝つことを考えるためのブログです。

【複コロ】検証用2−6。1セット目3コロ。コパノキッキング。

モケです。僕が思い付く複コロ完成形の検証記事です。2020年2月2日のレース。

一番初めの検証記事①は以下の記事。 

複コロ検証

恐らく僕が考えることができる複コロの完成形を思いついたので、その検証。

どんな複コロなのかは検証が終了した後に記事にまとめるけど、恐らくこの検証記事の内容だと「それ複コロじゃないじゃん」ってなるので、軽く説明。

合計2セットを最終的に転がす複コロで、ポイントは小まめな利食い。一般的に言われる複コロとは違って払戻金は全ては転がさず、利食いして金額を減らして転がす。

利食い分はプールして2セット目用の資金だったり、失敗時の復活用の資金として使う。

細かくは検証後の記事にて。検証記事見ればある程度分かるはずだけどね。

ここまでテンプレ。検証は以下です。

先週までの複コロまとめ

1セット目:1300円(2コロ・次回利食いポイント1430円)

2セット目:1500円(3コロ・次回利食いポイント1800円)

プール:1360円

2つ前の検証記事で述べたように、なかなか転がし金額が増えないのでプールから使って増やす。

今回はプールから300円を使って1セット目を1600円にして転がし。利食いポイントはその1.1倍の1760円。(繰り上げして1800円。)

1セット目3コロ コパノキッキング

f:id:keiba-moke:20200202163027j:image

東京ダート1400m根岸Sのコパノキッキング。

58kgを背負うけど、格が違うでしょうということで。

2番人気のミッキーワイルドは調教が微妙で怪しく、3番人気のモズアスコットはダート初挑戦で嫌いたく。(モズアスコットは勝ってしまったけど。)

コパノキッキングは実績は言うまでもなくで、調教も良く、そして勝った昨年と同じマーフィー神。

このレース自体は上がり最速馬を探すレースだったので近走のこの馬の脚質は合わなかったが、元々は上がり最速マンだったので信頼できた。

結果は2着。スピードの違いで逃げになってしまいそうだった瞬間は焦ったけど。複勝は1.3倍ついた。1600→2080。

コパノキッキングみたいな馬でも1.3倍もつくっていうのが重賞の良いところ。 

今週のまとめ

1セット目:1800円(3コロ・次回利食いポイント1980円)

2セット目:1500円(3コロ・次回利食いポイント1800円)

プール:1340円

プールから300円を足した1セット目1600円が1.3倍で2080円になり、1800円で利食いをしたので280円をプールに。複雑に見えるかもしれないけどやってる側からすると簡単です。

ちなみになぜ1セット目に足した金額が300円だったかというと、前回までのプールが1360円で、そこから300円を引いても1000円以上が残り失敗時のリスタートが可能だったから。

次回は2セット目の転がし。またプールからいくらか足そうかな。

では終わり。続きは下の記事で。