プロ馬券師になりたい。

しょうらいのゆめはぷろばけんしです。※本気で競馬で勝つことを考えるためのブログです。

【複コロ】検証用2−7。2セット目4コロ。アルジャンナ。

モケです。僕が思い付く複コロ完成形の検証記事です。2020年2月9日のレース。

一番初めの検証記事①は以下の記事。 

複コロ検証

恐らく僕が考えることができる複コロの完成形を思いついたので、その検証。

どんな複コロなのかは検証が終了した後に記事にまとめるけど、恐らくこの検証記事の内容だと「それ複コロじゃないじゃん」ってなるので、軽く説明。

合計2セットを最終的に転がす複コロで、ポイントは小まめな利食い。一般的に言われる複コロとは違って払戻金は全ては転がさず、利食いして金額を減らして転がす。

利食い分はプールして2セット目用の資金だったり、失敗時の復活用の資金として使う。

細かくは検証後の記事にて。検証記事見ればある程度分かるはずだけどね。

ここまでテンプレ。検証は以下です。

先週までの複コロまとめ

1セット目:1800円(3コロ・次回利食いポイント1980円)

2セット目:1500円(3コロ・次回利食いポイント1800円)

プール:1340円

今回はプールから300円を足して2セット目を1800円にして転がし。

2セット目4コロ アルジャンナ

f:id:keiba-moke:20200211145239j:image

京都芝1800mきさらぎ賞のアルジャンナ。

前走を見て「ダービー馬だ!!!」と興奮した馬。

皐月賞はコントレイルに持っていかれるにしても、ダービーの舞台なら成長次第で逆転可能だと思った。

でも今回実は複コロするつもりはなかった。

なぜかというと、重賞で若駒のディープ産駒に乗る川田を信頼しきれなかったから。(ルーツドールやリアアメリア)

ただパドックを見て、買うしかないなと。

仕上がりはまだまだだったけど、横の比較で馬体が抜けて良かった。

結果は3着。

今回のレースにおいて川田を批判するのはおかしいと分かっているけど、「川田だとこうやって乗って負けそうだなぁ」と思っていたイメージ通りの負け方だったな。

賞金加算できなかったのは辛い。次どこを走るにしろダービーには乗せてくるだろうけど、皐月賞は出ないかもね。

複勝は1.1倍ついた。1800→1980。

今週のまとめ

1セット目:1800円(3コロ・次回利食いポイント1980円)

2セット目:1980円(4コロ・次回利食いポイント2160円)

プール:1040円

プールから300円足して2セット目を1800円にして転がしたので、2セット目の利食いポイントはその1.2倍の2160円に。

今回の転がしで到達しなかったので、利食いポイントは変わらず。

次回はプールから20円足し端数切り上げて2セット目を2000円にして転がし。利食いポイントも端数を切り上げるので2200円にする。

1.2倍以上のオッズで転がせれば利食いできるという感じか。

ちなみに今回アルジャンナで転がしたのは、結果的には大丈夫だったけど反省かなと。

パドックを見て買うことを決めるのなら、仕上がりがメンバー1であることが必須。アルジャンナはそうではなかった。反省。

この複コロ馬券術は、今は1000円とかでやっているから大したことないように見えるけど、これが10万円とか50万円とかになった時に物凄い威力を発揮する。

この検証ではそこまでは転がさないけど。

では終わり。続きは下の記事で。