プロ馬券師になりたい。

しょうらいのゆめはぷろばけんしです。※本気で競馬で勝つことを考えるためのブログです。

【馬券術】勝てる馬券の考え方とは?良い買い方と悪い買い方

勝てる馬券

モケです。

今回のテーマはざっくりと『勝てる馬券』。

勝てる馬券の考え方の一例を、紹介したい。あくまで一例。勝てる馬券の考え方は一つじゃあないからね。

だから、今回紹介する考え方が絶対的なものだとも、もちろん言わない。

馬券力はとても大事

「競馬で勝ちたい」となるとほとんどの人がまず、「予想力が足りないんじゃないか」と考えてしまう。

けど、馬券力も予想力と同じくらい、もしくは予想力以上に大切なんだってことをまず言いたい。

多分こんな記事に辿り着くくらい色々と調べてる人は、今までにある程度競馬に触れてきた人なんだと思う。予想力に関してはその今までの経験で十分に培ってきているんじゃないだろうか。

それなのに「競馬で勝てない」と悩むというのは、馬券の買い方を考え直す必要があるってことだと思う。

ぜひこの記事を、自身の馬券の買い方を考える一つのきっかけとしてもらいたい。

予想力と馬券力の関係

これは僕の持論。

『予想力+馬券力=100点以上』にしなければ、競馬でコンスタントに勝つことはできない。

どんなに優れた予想力を持っていても、馬券力が弱ければ競馬は勝てない。その逆ももちろん。

これはつまり言い換えれば、予想力が少なくても、その足りないところを馬券力で補うことが出来るよってこと。

馬券力は、予想力と同じかそれ以上に重要ってのはそういう理由だね。

悪い買い方

まずは良い買い方じゃなくて、悪い買い方について考えてみる。これから書くような書い方をしているのなら、そこを変えれば勝てる馬券に近付くかもね。

 いつも同じ買い方はダメ

これは結構いるんじゃないかな。予想には頭を使うのに、馬券に関しては考えるのが面倒臭くなっていつも同じパターンで買っちゃうとかね。

例えば単勝しか買わないとか、馬連流ししか買わないとか、3連単ボックスしか買わないとか、馬券種は様々だけど、とにかく同じ買い方しかしないというのはダメ。

そのレース、その予想に合った馬券術というのが存在するはず。

予想を頑張って考えたんだから、もう一踏ん張りして馬券の買い方も工夫してみよう。せっかくの予想が勿体無いよ。

シンプルな買い方はダメ

見出しは文字数の問題で「シンプルな買い方はダメ」とまとめちゃったけど、つまり複数の馬券種を組み合わせて買わないとダメということ。

一つの馬券種のみを買うっていうのは、ちょーっと攻めすぎかなと思う。

多分、上の項目の「いつも同じ買い方はダメ」とつながる部分があって、予想には頭を使ってるのに馬券にはあんまり頭を使ってないんだよね。

しっかりと馬券にも頭を使って、いろんな馬券種を組み合わせて買おう。

オッズを見ない買い方はダメ

「オッズなんか見てるに決まってる」という人は多いだろう。ただ、本当にちゃんと買う馬券全てのオッズを確認してる?

単勝オッズだけを確認したり、本命どころのオッズだけを確認してるんじゃあダメだよ。100通りの馬券を買うのなら、100通りのオッズを確認しよう。

それによって、資金配分もできるからね。

資金配分を全点均等にすべきか1点集中にすべきかは別問題として、しっかり考えて資金配分をした方が勝ちやすくなるのは明白。まあこれについては他の記事で書くけどね。

オッズを見てたら、トリガミを避けることも出来るし、逆に押さえでトリガミ覚悟という馬券も買えるね。

レース後に賭け金ミスだと思う買い方はダメ

レース後に、「もっと賭けときゃよかった」とか「あんなに買うべきじゃなかった」なんて思った経験があると思う。

本気で競馬で勝ちたいなら、そういうことを考えてしまうような買い方はしてはいけない。まあ、言ってしまえば精神論なんだけどね。

上の項目では1レースの中での資金配分について触れたけど、これに関してはその日1日、もしくはその1週の中での資金配分。

買うレース全て均等買いにするのか、自信のあるレースにぶっこむのかはまた別問題になるが、どちらにしても、その日、もしくはその週の中での資金配分は決めておかなければならない。

これに関しても長くなるから他の記事で書くが、まあつまりはレースの賭け金はしっかりと考えた上で決めようねってこと。

本命馬が来てるのに外れる買い方はダメ

これは、完全には防ぎようがないんだけどね。でも、これほど勿体無いと思う買い方ってないよね。

本命を打った馬が人気馬なときは、まあこれは仕方がないよね。複勝1.1倍なんかに突っ込むのは資金的にもリスク的にも厳しい。

ただ本命馬が来たならやっぱり当てたい。だから、色々な馬券種を組み合わせて広く買うのが大事になってくる。ま、広くってのは一概には言えないが。

本命馬が来たということは、予想の少なくとも一部分、しかもその根幹が当たったということ。馬券力が足りなくて外れたということは避けたい。

レース後に買い方ミスだと思う買い方はダメ

これは、言ってしまうと元も子もない気がするけど一応ね。

レース後に、「ああ馬連だったら取れてたのに。」とか「うわ3連単でも当たってたじゃん。」とか、思った経験があると思う。

僕ももちろんある。というかついこないだも思ったよ。

でもこれは、端的に言うと完全に馬券力不足。これに尽きる。

そういう考えに至ってしまうということはつまり、自分にはまだまだ馬券力が足りていないということ。それを教えてくれる瞬間ってわけだね。

悪い買い方まとめ

  • いつも同じ買い方
  • シンプルな買い方
  • オッズを見ない買い方
  • レース後に賭け金ミスだと思う買い方
  • 本命馬が来てるのに外れる買い方
  • レース後に買い方ミスだと思う買い方

とりあえず思いついた限りのものを挙げてみた。

もしこの中の1つでも当てはまるものがあるなら、買い方を考え直すことで勝てる馬券に近づく可能性は高いだろうね。

こういう買い方をしてしまっているという人は、予想方法やらデータ云々の前に、まず馬券の買い方を見直してみることをオススメする。

良い買い方

ここまで悪い買い方と題して色々と書いてきたわけだが、そんじゃあ良い買い方ってなんなのよと。

それは単純に、上に挙げた悪い買い方の真逆をいく買い方が良い買い方ってわけだ。重要なことをまとめてみよう。

  • 買い方はレース毎に考える
  • 色々な馬券種を組み合わせて買う
  • 買う馬券のオッズは全て確認する
  • 買う馬券の資金配分を怠らない
  • レース毎の資金配分を怠らない
  • 本命馬が来たなら当てよう

こんな感じかね。

ここまで読んで自分で買い方を考えるって人はここまでで大丈夫。ここから先は、これらを踏まえた上で、俺が適当に買い方の例を考えて挙げてみる。

この例を真似してみてもいいし、例をベースに改良してみてもいい。

買い方の具体例

ちなみにこれから出す例では資金配分に関してはほとんど触れてない。だから自分の資金を考えながら、資金配分をイメージしながら読んでみてね。

3連複1頭軸流しorフォーメーション+馬連1頭軸流し+複勝

フォーメーションの場合は1列目に本命馬1頭ね。3連複って当てやすくて高配当も狙えるから、ガンガン使っていこう。

この馬券の説明をすると、3連複で爆発力を期待し、馬連である程度の配当を狙う。3連複も馬連も外れたときのために複勝を押さえる。

リスクヘッジは十分できていると思う。複勝は3連複も馬連も外れた時に±0に出来るし、3連複や馬連が当たった時にもさらなるプラスを呼び込める。

本命馬に自信があるレースに使える買い方だよね。本命馬が人気馬だったら複勝の押さえが難しくなるんだけど。

それでも、安定感はある買い方だと思う。

3連単フォーメーションor3連単流し+3連複ボックス

これは僕もたまにやる。3連単で爆発力を狙いつつ、3連複をボックスで買うことによって本命1本に頼らずに馬券を買う買い方だね。

3連単フォーメーションはまあご自由にって感じ。1列目1頭でも2頭でも、自分の資金と相談しよう。3連単流しの場合も同じくご自由に。

3連複に関してもまあご自由にと言えばそうなんだけど、僕がよくやるのは6頭ボックス。20点ね。やりやすいよ。

荒れることを狙って買うレースとか、本命馬が来るには条件が上手く噛み合わなければいけないとか、そういう時にこの買い方ができるよね。

よくいるのが、「◎が来てないのに◯▲△で的中とか、それ的中って言わねーよwww」とか言う人。言いたいことは分からんでもないが、こういう人のことは気にしなくていい。

収支がプラスならどんな予想だって的中なんだわ。

3連単フォーメーションor3連単1頭軸流し+単勝

本命馬に死ぬほど自信があるなら、こんな買い方でも勝てる馬券になる。「この馬が負けることはありえない。この馬が負けるとしたらそれは事故が起きた時だ。」レベルの馬。

3連単で爆発力を狙って、単勝で最低限のプラスを確保しようっていう買い方。

でも、競馬に絶対はない。今まで競馬を見てきたなら、『競馬に絶対はない』というのを実感する機会は多少はあったと思う。

最近で言えば、宝塚記念のキタサンブラックが圧倒的人気を背負って大敗した。有名なところで言えば、あのディープインパクトだって1回目の有馬記念は勝てなかった。

競馬に絶対がないということは、歴史が何度も証明してくれてる。

だから僕は、上に書いたような本命1本に頼らずに買う馬券の方が好き。まあこれは好みだけど。

「競馬に絶対はないが、俺の予想には絶対がある。」なんていう神予想家は、こういう単勝を押さえとして使う買い方も勝てる馬券になるんだろうね。

絶対的な買い方はない

さてここまでいくつか具体例を書いてきたけど、馬券の買い方に絶対的なベストというものはない。その人の資金や、目標収支、予想力、性格などによって勝てる馬券というのは変わってくる。

この具体例も、僕が今ちゃちゃっと考えたものだしね。『良い買い方』の項目で挙げた重要な点を押さえていれば、なんでもいいんだよ。

どんどん色んな買い方を思いついて、それをどんどん試そう。競馬は毎週できるんだから。試す機会はいくらでもある。

もちろん、上に挙げた例では使っていないワイドとか枠連とか、じゃんじゃん使おう。買い方は複雑になればなるほど、リスクヘッジにつながる。だから買う馬券全てのオッズを確認することが大事ってわけだね。

自分に合った買い方を極めよう。この自分に合った買い方の究極のものを、僕は『勝ちパターン』って呼んでいる。勝ちパターンをいくつも作って、それを組み合わせて買えば、それがまさに『勝てる馬券』になるというわけだ。

僕が持ってる勝ちパターンについては、また他の記事で書いていきたい。

終わり

勝てる馬券について。こんな感じ。この記事が、自身の馬券の買い方を考え直す1つのキッカケになってくれると嬉しい。

ただ、一つここで言っておきたいことがある。馬券で勝ちたい勝ちたいと言っている競馬ファンの皆さん、本当に収支プラスが重要だと思って競馬をやってるの?

僕はそうとは思わない。だって、『勝てる見込みはほぼ無いけど好きな馬だから応援馬券を買う』というようなこと、やったことあるでしょう。

収支をプラスにしたいと口では言いつつ、実際にはそれほど収支を重要だと考えていないって人は割と多いと俺は思ってる。

休日の趣味が欲しい人だとか、単純に馬が走っている姿が好きだとか、そういう人ってたくさんいるよね。

そういう人って、収支をプラスにすることが競馬をやってる1番の理由じゃないでしょう。応援馬券を買う人のことも指してるよ。

そういう人は、自分は収支を重要視していないっていうことに気付いて、収支に捉われずに競馬を遊べた方がいいと思う。きっともっと競馬が楽しくなるよ。

まあそんなことを人には言っておいて、僕はプロ馬券師を目指しているわけだけど。僕みたいな競馬の楽しみ方も、応援馬券を買うみたいな競馬の楽しみ方も、どっちも競馬の良い楽しみ方だと思う。

では、この記事はここまでということで。