プロ馬券師になりたい。

しょうらいのゆめはぷろばけんしです。※本気で競馬で勝つことを考えるためのブログです。

【予想術】新馬か重賞にレースを絞って予想をして、馬券を当てよう

レース選択

モケです。

今回はレース選択についての記事を書いてみたい。競馬でコンスタントに勝つことを考えた場合、レースは選んで購入した方が良いだろうという考えのもと書いていきたい。

予想する人にとっても当てやすいレース・当てづらいレースがあるのは勿論だし、そもそもレースごとに予想の難易度は違うからね。

穴党の人でとにかく数を打ちたいという人もいるけど、基本的には穴党の人こそレースを選ぶべきだというのが俺の持論。

穴を狙うということはそれ相応の情報を持っていなければいけなくて、全レースで深い情報を取得するのはまあ一般人には不可能だからね。

どのようなレースを選べばいいのか

どのようなレースを選んで買うべきなのかは、極々簡単なもの。

他の人が気付いていない情報を持っているレースや、出走馬全ての情報をよく知っているレースなどなどを選べばいい。要するに、そのレースに関して多くの情報を持っていて、自信のあるレースを選べばいい。

だけど出走馬全てについてそんなに詳しい情報を持っているレースなんて、なかなかあるものじゃない。また、全馬の情報を調べられたら勿論それに越したことはないけど、全レース、3場なら36レースの全馬の情報を完璧に調べるのは流石に現実的ではない。

例えば僕は調教から予想することを得意としているのだが、1レース3時間ほどかけて調教を見れば高い的中率を出せる自信はある。ただ、それを36レース全てで行うのは時間的にも体力的にもほぼ不可能だ。

そんなわけで、レースはしっかりと選んで買った方がいい。ここからは選ぶべきレースについて書いていく。

新馬か重賞を買うべし

もう、シンプルにこれ。新馬か重賞。

どのレースに絞るべきか悩んだら、まずこれに絞ろう。なぜかをこれから説明していく。

なぜ新馬戦が良いのか

新馬戦の良さは、何と言っても全ての馬が初出走だということ。

なぜ全ての馬が初出走だと良いのかというと、過去のレース映像を観るなどして馬の特徴や傾向を調べる必要が無いから。

勿論そのような情報はあったほうが予想自体にはプラスだが、レースを絞るという観点から見れば、集められる情報量が少ないというのはむしろ好都合だ。

誰も過去のレースから傾向データを集めることができないということは、そこに関するスタートラインは同じということだ。

なので、その時点で新馬戦の情報量の少なさはレース選択において大きなプラスになる。

過去レースを観ることは、競馬予想においてかなりの時間を割かなければならない要素だ。新馬戦ではその作業を完全に省略できるため、出走全馬の情報を一通り集めることはそれほど難しくない。

馬主・調教師・生産牧場・騎手・調教内容・血統・厩舎コメント・セレクトセールならその値段・Twitterやnetkeibaで得られる情報。

新馬戦を当てるのに必要な情報は、正直このくらいじゃないだろうか。たったこれさえ調べ上げれば、新馬戦は自信を持って買えるレースになるというわけだ。

なぜ重賞が良いのか

重賞の利点は、新馬戦で挙げた利点とは真逆のものだ。一般人でも入手可能な情報が、他のレースに比べて多いこと。これに尽きる。

新馬戦は情報量が他のレースに比べて少ないことが利点だが、重賞はその真逆。入手可能な情報量の多さこそが重賞の利点だ。

情報量の多さといっても、重賞が優れている理由はその情報へのアクセスの容易さ。平場のレースはググっても大した情報が出てこないが、重賞レースはググれば様々なデータが出てきたり、あらゆる角度からの予想も公開されていたりする。

この、大量の情報へのアクセスの容易さは買うレースを絞るという観点においてはとても大きなメリットだ。

重賞以外のレースでも、勿論色々な情報やデータはあるだろう。だけどそれは競馬関係者ならまだしも、毎週の競馬予想を楽しんでいるだけの一般人には入手しづらい情報が多い。

その点、重賞ではそのような様々な情報に、一般人でも簡単にアクセスできる。このように多くの情報を簡単に集められるということは、単純に予想の精度も上げやすいということだ。

「誰もがアクセスできる情報では、的中率や回収率に格差が生まれないではないか」という考えも出てくるだろうが、それは違う。

いくら情報にアクセスしやすいといっても、情報を得ようとしていない人のもとには情報は流れていかない。そこに、情報を集めた人と集めていない人の明確な格差が生まれるわけだ。

その格差が、そのまま的中率や回収率の差になる。

勝ちたいならレースは絞ろう

以上が、レースを絞るなら新馬か重賞にすべきだという考え方と、その理由だ。

ただここまで読んでもらえば分かるように、もし他の人が入手できていない情報を得られる立場の人なら、このような『新馬と重賞に絞る』という型は必要ないだろう。

例えば「あのレースに関しては他の人が入手できていないレアな情報を持っている。しかもその情報の信ぴょう性は間違いない。」という場合。そんな時には新馬や重賞に限定することなく、そのレースを買う方が勝ちやすくなる。

最後に書いておきたいのが、始めの方にも少しだけ触れたがレース選択の大切さ。勝ちたいなら、自信のあるレースのみを買う。これは、至極当然の考え方だ。

自信のあるレースはまだ先だけど、競馬中継を観ていてだんだん買いたくなってきてしまって直近のレースに手を出す。なんてことはしちゃダメ。

競馬予想を当てることや予想行為自体に競馬の楽しさを見出すべきで、馬券を買うことに競馬の楽しさを見出してはいけない。

馬券を買うことが楽しいなんてしまったら、そんなものはただのギャンブル依存症だ。ギャンブル依存症になってしまったら、競馬(ギャンブル全般)なんて勝てるわけがない。

勝ちたいなら、買うレースはしっかりと絞ろう。別に1日1レースにしろとかいうわけではなく、自信のあるレースだけを買おうということ。

まあ、当たり前のはなし。