プロ馬券師になりたい。

しょうらいのゆめはぷろばけんしです。※本気で競馬で勝つことを考えるためのブログです。

【予想術】競馬で馬券・予想を当てるために最も大切なこと

モケです。予想の話を書いていきます。

競馬予想を当てたい

今日は競馬予想を当てるためのおはなし。競馬予想を当てるために必要なものを1つ紹介したい。

競馬予想の手段というのは、本当に色々とある。過去傾向のデータを集めたり、騎手・厩舎・馬主・生産者関係から予想を立てたり、調教診断をしたり、最近ではパドック派が増えているようにも感じる。

でも今回の記事はそういう予想の手段についてではなくて、もっと根本的な部分。競馬予想の核となる部分について書いていきたい。

小手先のテクニックももちろん否定はしないが、今回はそういう小手先のものではない競馬予想の軸・原点について書いていきたい。

競馬予想の軸・原点とは

競馬予想の軸・原点とはなんだろうか。

多くの人は競馬予想をする際に、複雑に考えすぎてしまっていると僕は思う。複雑に予想した方が、予想した感が出て当たる気もしてくるし。

僕自身も、競馬予想を複雑にすることの面白さは十分理解している。そもそも競馬で最も面白い要素は予想だと思っていて、ほんの1分2分のレースよりも、何時間もかけて予想している時間の方が楽しい。

だから、予想を複雑にすること自体は否定しない。複雑に考えてこその予想だという意見にも納得できるし、複雑に考えられるからこそ競馬予想は面白いのかもしれない。

でも複雑に考えすぎてしまっているが故に、競馬予想の軸・原点を忘れてしまっているんじゃないだろうか。

競馬予想の軸・原点は、極々シンプルで分かりやすいもの。そしてそれは、競馬を何年もやっている人よりも、競馬初心者の方がはっきりと理解しているもの。

一番強い馬を当てること

「一番強い馬を当てること」これが競馬予想の軸・原点だ。

予想スタイルは人それぞれで大きく異なることもあるけど、この「一番強い馬を当てること」は競馬予想をする人たちにとって揺るぎない、競馬予想の軸・原点だと僕は思っている。

予想を複雑にしてしまっていることで、この競馬予想の軸・原点を忘れている、もしくは蔑ろにしてしまっている人が多いんじゃないだろうか。

よく勘違いされているが、競馬予想の軸・原点は「勝ちそうな馬を当てること」でも「複勝圏内に来そうな馬を当てること」でも「オッズ妙味のある馬を当てること」でもない。

そのレースで最も強い馬を当てることこそ、競馬予想の軸・原点だ。

もちろん強い馬が勝つとは限らないのが競馬。だから、強い馬を当てることよりも勝ちそうな馬を当てることの方が重要だと考えている人も多いだろう。

しかし、考え直してみて欲しい。

「他に一番強い馬はいるけど、条件的に見て今回はこっちの馬の方が勝ちそうだ。」という予想。一見すると予想上手で納得できそうな、当たりそうな予想だ。

でも、この予想ではその「こっちの馬」に目がいきすぎて、「一番強い馬」から目を逸らそうとしてしまっている。

心理学でいうところの、確証バイアスというやつ。自身に都合の良い情報にばかり目を向け、自身に都合の悪い情報は無視しようとする傾向のこと。

確証バイアスに陥ってしまっては、予想の精度が下がることは明確。確証バイアスに陥らないように、意識して予想をしないといけない。

強い馬は強い

当たり前のことを声を大にして言いたい。「強い馬は強いんだ」と。

強い馬は、強いから強いと評価される。弱い馬は、弱いから弱いと評価される。強い馬は強い。弱い馬は弱い。当たり前のことだが、決して忘れてはいけない圧倒的な事実。

そして強い馬が弱い馬に先着する可能性が高いのは、当然のこと。

「弱いけど条件的に向いている馬」を買うことは馬券購入の軸としては優れている面を持つとは思うが、競馬予想の軸としては「強い馬の強さ」を無視してはいけない。

小手先の予想テクニックを駆使することは否定はしない。だけどもっと根本的な核の部分である「強い馬を当てること」を念頭に置いて予想をしてみて欲しい。予想精度アップは十分に期待できるはず。

競馬予想の難しさ

ここまで「一番強い馬を当てること」が競馬予想の軸・原点であり意識した方が良いという話をしてきた。

さも簡単かのように書いてきたが、その「一番強い馬を当てる」という行為。実は恐ろしく難しい。

だけどその難しさこそが競馬予想の難しさであり、面白さなのだと思う。競馬予想を複雑にすることで楽しめるのは、この原点の難しさがあるからなんだろうね。

つまり「競馬予想は複雑だから難しくて面白い」というわけではないということ。

複雑だから面白いのではなく、原点にあるシンプルな「一番強い馬を当てること」が難しいから競馬は面白いんだ。

終わりに

この「一番強い馬を当てる」というシンプルな軸・原点を、残念なことに競馬の知識が増えるにつれて忘れていってしまう。知識が増えてきてからこそ、意識すれば輝いてくる軸・原点なのではないだろうか。

「一番強い馬」が馬券に絡むというのは至極当然のこと。それなのに「一番強い馬を当てること」を意識しないのは、なんとも愚かなことじゃないかと僕は思う。

強い馬は強いに決まっている。そして強い馬は他の馬に先着できる。「一番強い馬を当てる」という競馬の軸・原点を意識して競馬予想を組み立ててみて欲しい。

誤解が無いように

最後に。この記事はもしかすると誤解を生んでいるかもしれない。

オッズ妙味のある馬を当てることが好きな人だったり、上手に条件が噛み合った場合好走できるという馬を当てることが好きな人だったり、そういう人たちにとっては面白くない記事だったと思う。

しかしそれは誤解だ。

今回の記事は、「競馬予想の軸・原点」について。そういうオッズ妙味とか展開次第でというのは、「馬券購入の軸・原点」だという風に僕は認識している。

オッズ妙味だとか展開次第でという穴党に多い考えを持っている人たちも、ぜひこの「一番強い馬を当てる」という競馬予想の軸・原点を意識して予想を立ててみて欲しい。

本当に好走する人気馬と危険な人気馬をしっかりと把握することは、穴党にとってもかなり重要な要素になってくるだろうし。穴党・本命党関係なく今回書いた競馬予想の軸・原点は使えると思う。

それでは、おしまい。